2005年10月12日

オルゴール美術館

時はどんどん遡ります。
7日、旅館に着く前にオルゴール美術館に寄りました。

当初のスケジュールではロープウェイに乗る予定でしたが、
ガスがかかり、景色も見えないので乗るだけ無駄と言う状況らしく
急遽、代案としてオルゴール美術館が選ばれたわけです。

その話を聞く少し前
昼食をとった場所の入り口にあった、付近の観光スポットの割引券が置いてあるコーナーを物色していた私。
オルゴール美術館、すごく惹かれてました。
バスに乗り込み、この知らせを聞いた瞬間、心の中で「やった!!」とガッツポーズ。

美術館とか好きなんです。
別に芸術が分かるような人間ではないのですが、美術館とか博物館大好き!



まずは受付で確認。
「ここは写真を撮っても大丈夫ですか?」
写真撮影O.K.と許可を得ました。
デジカメを持っていないことを心底後悔した。
やっぱり、携帯のカメラじゃ限界がありました。
微妙なものしか撮れませんでした。


ここで、時間がない時の私流美術館の見方。

 @順路があり引き返せない場合。
   なるべく流し見で先に進む。
   気に止まったものの前では立ち止まり鑑賞。
   その美術館のメインのものをじっくり見る。
   引き返せない所は、時間配分が大切。
 A戻って何度でも作品が見れる場合。
   とりあえず、一通り全部さっと見る。
   その後、自分の気に入った作品をじっくり鑑賞。

最初からゆっくり見ていると時間がなくなり、
メインや最後が駆け足になってしまった苦い経験があるのでこんな感じです。  

今回はAの方法。
色々ありましたが、一番心惹かれた作品が
「グランドファザークロック」

オルゴール美術館なのに時計。
オルゴールも搭載されているのですが、主は時計。
いやいや、展示されていた作品の中で唯一自分から音を出していたのは、この時計ただ1つでした。
展示品のオルゴールは時間にならないと鳴らしてくれませんし
基盤を見てるのも楽しかったですけど、なぜかこの時計に心惹かれました。

振り子のカッチカッチと言う音だけを10分くらいは聞いていた気がします。

与えられた時間、40分じゃ足りません。
残り5分くらいで慌ててオルゴール美術館に展示されている作品の図録、音を収録したCDを購入。
オルゴールは一つも買わず(笑


大満足でバスに乗り込み、周りの話に耳を傾けると
「眠かった」だの
「すぐ飽きた」だの
「景色見えなくても、いつもと違う空気が吸いたかった」だの
そんな声しか聞こえませんでした。

すんごいおもしろかったのに・・・(´・ω・`)
posted by えびみりん at 23:11| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

オルゴール
Excerpt: オルゴールオルゴールとは、機械仕掛けにより自動的に曲を演奏する楽器の一つである。その多くは、回転する円筒の周りに設けられたピンにより、櫛形の音階板を弾く構造である。複雑なものでは、金属製の櫛に加えて小..
Weblog: 音楽を奏でる道具たち
Tracked: 2005-10-18 20:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。